戦争映画

映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』のあらすじとネタバレ考察【動画フル無料視聴】

 

この映画はこんな人におすすめ

実話をもとにした映画が好きな人

ヒューマンストーリーが好きな人

イギリスを救った天才の功績と悲劇の生涯に興味がある人

ベネディクト・カンバーバッチの卓越した演技が見たい人

 

『イミテーション・ゲーム』の作品情報(監督・キャスト・あらすじ)

映画のキャスト

日本の公開日2015年3月13日
監督モルテン・ティルドゥム
脚本グレアム・ムーア
キャストベネディクト・カンバーバッチ
キーラ・ナイトレイ
マシュー・グッド
ロリー・キニア
原作アンドリュー・ホッジス
音楽アレクサンドル・デスプラ

 

あらすじ

ストーリー

 

冒頭に、この物語が実話に基づくことが示されます。

 

第二次世界大戦中の1939年、イギリスはドイツに対し宣戦布告。しかしイギリスを含む連合国軍はドイツの通信暗号「エニグマ」のために苦戦を強いられていました。

 

暗号を解くにはそのための鍵(法則)を知ることが必要です。しかし、エニグマは毎日0時に暗号鍵を変更し、6時に最初の暗号通信を行います。

 

よってエニグマ解読にかけられる時間は6時~24時までの18時間しかありません。

 

しかしドイツ軍から入手した通信機では暗号鍵は159×10の18乗(159,000,000,000,000,000,000)通りあり、とても普通の方法では解読は不可能でした。

 

そこでイギリスはエニグマを解読するため、国内の少数精鋭の天才たちを集め、極秘任務として解読にあたらせます。

 

そこには本作の主人公アラン・チューリングもいました。果たしてアランたちはエニグマを解読できるのでしょうか?

 

「この映画のここが面白い!」(ネタバレなし)

ユニークポイント

 

 

この映画のみどころは2つです。

 

アランとエニグマ解読チーム

1つは、物語を通して、偏屈な性格だったアランが、ともにエニグマ解読に挑むチームの仲間たちと、徐々に打ち解け合っていく様子です。

 

当初、アランは機械によるエニグマ解読を提案しましたが、チームや上司の同意は得られませんでした。そこでアランは、当時のイギリス首相チャーチルに手紙を書くという強硬策に出ます。

 

これによりチームのリーダーとなったアランは、即座に同僚2人を戦力外としてクビにしてしまいます。こうしてアランと他のメンバーとの溝はより大きくなります。

 

この溝を埋めたのが、アランがエニグマ解読チームの戦力再増強のために課したテストを、アラン以上の成績で通過した女性ジョーン・クラークでした。彼女を通してアランはチーム内の人間関係を修復します。

 

結束したエニグマ解読チームは、「機械でエニグマを解読する」というアランの考えに賭け、総力をあげて解読に挑みます。

 

アランの抱える秘密

もう1つのみどころであり、物語の裏テーマともいえるのが、アランが抱えている秘密です。

 

この秘密は、エニグマの解読のメインストーリーにときどき挿入されるアランの「少年期」と「戦後」の物語により暗示され、徐々に判明していきます。

 

ネタバレ解説&考察

映画の解説

 

エニグマ解読の成功

エニグマは、アランのコンピュータをもってしても、上司から示された期限までに解読ができそうにありませんでした。

 

しかし、ひょんなことんがきっかけで解読されることになります。それは通信の冒頭に必ず「ハイル・ヒトラー(ヒトラー万歳)」という言葉が入っていることに気づいたことです。

 

これにより、膨大なパターンから暗号鍵を絞り込むことが可能なことに気づき、アランのチームはエニグマ解読に成功します。

 

エニグマ解読による情報活用の制約

 

解読に成功したアランですが、なんと、すぐには傍受した通信を連合国軍の作戦に活用をしないよう上司に提案します。

 

それは、あらゆるドイツの作戦に対して連合国軍が事前対処すると、ドイツがエニグマが解読されたことを察知し、再度新たな暗号を用いる可能性があるからです。

 

アランは苦渋しながらも、戦争に重要な作戦にのみ、傍受した通信内容を活用し、しかも傍受していることを上層部にすら知らせないことを直属の上司に提案します。

 

エニグマ解読プロジェクトが世界に知られるまで50年間

このようにエニグマの解読は極秘事項とされました。

 

これによりドイツの作戦行動を連合国軍が知ることが可能になり、有名なノルマンディー上陸作戦、スターリングラードの闘いをはじめとする重要な戦いの勝利に貢献します。

 

このエニグマ解読プロジェクトが公表され世界に知られたのは、戦後50年のことです。

 

エニグマ解読は、第二次世界大戦の終結を2年早め、1400万人の命を救ったほどの意義があったと作中で述べられています。

 

ジョーン・クラークとの関係

アランは、暗号解読チームで唯一の女性であるジョーンが両親の説得により実家に帰ろうとした際に、プロポーズをして婚約を申し込みチームに引き留めます。

 

しかし既に述べた通りアランは同性愛者です。女性を愛せないアランと、婚約でチームに留まったジョーンの最終的な結末は、この映画の終盤の見どころの1つです。

 

アラン・チューリングについて

実在の人物で1912年生まれ、1954年に亡くなりました。

 

少年のころから数学やパズルの才能を発揮し、天才的な研究者として活躍していました。

 

一方、少年期にいじめに遭っていたことなどもあり、コミュニケーションが苦手でした。すべてを理屈や数学的に考えるアランは、人の感情を読み取ることが苦手な大人になっていました。

 

アランは、ジョン・フォン・ノイマンと並んで「コンピュータの父」とも言われ、世界に与えた影響は計り知れません。人工知能に関わる研究も存在します。1999年にはアメリカの雑誌『TIME』の「20世紀の最も世界に影響力のある100人」にも選ばれ、『チューリングの大聖堂:コンピュータの創造とデジタル世界の到来』(早川書房、2013年)という本は約650ページにもなります。

 

アランの汚名と名誉回復

一方で、アランは41歳という若さで亡くなりました。死因は自殺とされています。

 

その理由は少年期までさかのぼります。アランは少年期に男性の親友クリストファーに恋をし、以来、同性愛者となっていました。

 

しかし当時のイギリスでは同性愛は違法でした。

 

1952年にアランの自宅に泥棒が入ったことをきっかけに、同性愛者であることが警察に知られ告発、有罪となります。

 

そこで「入獄」か「薬物による去勢」かの選択を迫られ、アランは後者を選びました。しかし、2年後の1054年にアランは自殺することになります。

 

アランは、当時の価値観から「汚らわしい同性愛者」としてこの世を去ったのです。

 

しかし時代が進むにつれアランの名誉は回復します。

 

以下には映画には含まれない内容もありますがご紹介します。

 

1999年、アランは雑誌『TIME』の「20世紀の最も影響力のある100人」に選ばれます。

 

その後、同性愛が社会的に容認されていく中で、2009年の署名活動をきっかけとして、当時のイギリス首相ゴードン・ブラウンがアランに対する告発について、政府として謝罪しました。

 

さらに2013年にはエリザベス女王2世から恩赦(罪をなかったことにすること)が与えられ、2019年には新50ポンド紙幣の肖像となりました。

 

こうして、アラン・チューリングは名実ともに名誉を回復したのです。

 

『イミテーション・ゲーム』のラスト 結末の意味

ラストシーン・結末

 

『イミテーション・ゲーム』のラストシーンは、既に述べた内容を把握していれば難しいものではありません。

 

アランは薬物による去勢により、知性と体調に異変をきたしてしまいます。

 

一度アランと婚約したジョーンは、アランが自ら遠ざけ、別の男性と結婚しています。

 

このように、ハッピーエンドと呼べるエンディングではありません。

 

そして、過去を振り返るように、機密事項の書類をエニグマ解読チームのみんなで燃やすシーンで映像は終わり、その後のアランの名誉回復までの経緯が文字で解説されます。

 

【映画の豆知識】

豆知識

映画の豆知識について

『イミテーション・ゲーム』では明示・解説されませんが、アラン・チューリングに関することが物語に埋め込まれています。

 

まず、冒頭の泥棒に入られたシーンでは、床にこぼれた青酸カリを掃除している様子が出てきますが、これはアランが自殺に用いた方法です。

 

また物語中盤で、アランがエニグマ解読チームにリンゴをふるまうシーンがありますが、アランが自殺した際にベッドの脇には齧られたリンゴが落ちていたといいます。またマンチェスター大学付近のアランの銅像もリンゴを持っています。

 

終盤のシーンで、アランが刑事に「私は人間か、機械か?」と問うシーンがありますが、これは「チューリング・テスト」と呼ばれる人工知能におけるテストに関わる問いです。

 

一般的には「(電話のような)相手が見えない状態で質問して、その解答の相手が人間か機械か区別できなければ、それは機械だとしても人間(=人工知能)である」という考え方として知られています。

 

このように映画では説明がなくとも、アラン・チューリングについて詳しい人にはピンとくるエッセンスが詰まっています。

 

当映画が好きな方へのおすすめ

『ビューティフル・マインド』ロン・ハワード監督

『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』スタンリー・キューブリック監督

『ヒトラー 最後の12日間』オリヴァー・ヒルシュピーゲル監督

 

映画『イミテーション・ゲーム』の動画を無料視聴できるサイト

動画配信

動画配信サイトイミテーション・ゲーム無料期間

U-NEXT

31日間

Hulu

14日間

NETFLIX

30日間

Amazonプライム

30日間

TELASA(旧ビデオパス)

 

30日間

dtv

31日間

FODプレミアム

×2週間

TSUTAYA TV

30日間

ビデオマーケット

1ヶ月間

※配信情報は2020年4月時点のものです。現在の配信状況は各公式サイトをご確認ください。○=見放題視聴 △=課金視聴 ×=なし

 

  • この記事を書いた人

満田弘樹

好きな映画ジャンルはサスペンスとSF(未来や宇宙モノ)。 好きな映画俳優はブラッド・ピット。

-戦争映画
-

© 2021 ユニークシネマのUNIMA|SF・ミステリー・サスペンス映画